鉄工事業

主な用途

鉄銅事業

自動車部品加工、重機部品加工、電子機器用ローラーシャフト加工、印刷機部品加工、印刷機ローラーシャフト加工、アルミコア加工、摩擦圧接加工、機械加工、表面処理、焼結・熱処理、特殊金属加工、様々なニーズ、クオリティの高い製品・サービスを提供いたします。

加工技術について

鉄銅事業

機械加工(金属、樹脂 など)
機械加工は、金属などの素材から不要な部分を除去することで、複雑な形状を作り上げる加工技術です。複雑な作業が可能で、溝削り、平削り、穴あけ、ねじ切り、リューターによる加工などがあります。アルミニウムやステンレス鋼など様々な素材の加工が可能ですが、素材により切削速度に違いがでます。製造する部品の形状や材質によって求められる加工精度が異なるので、使用する工作機械や加工手順を工夫し、ご要望に合わせて製造します。

表面処理
メッキ(鍍、鍍金、英語:plating)は表面処理方法のひとつで、金属などの材料の表面に、金属の薄膜を被覆する方法です。銅を水銀で擦り銀に似せたところから滅金(メッキン)といわれたのが語源といわれています。表面に目的に応じた他の金属を被覆することで、腐食や摩擦などの抵抗から地金属を守ります。また、光沢を与えることで、装飾したり商品の価値を高めたりといった役割もあります。当社は、対候、耐熱、防錆など、お客様のご要望に合わせたメッキ加工を行っております。

焼結・熱処理
鉄粉を主な原料として、粉末冶金技術により経済的に量産できることから、自動車部品をはじめ、事務機器、家電製品などの重要な製品部品として広く利用されている製品です。急冷凝固粉末を使用することにより、溶解合金では達成不能の、高強度、耐摩耗性、耐熱性、低熱膨張率を備えたアルミニウム合金です。

特殊金属加工
複雑な形状や強度の高い金属などの、難しい成形を可能にします。鋳造、機械加工で製作できない形状や常温でプレス成形できない材料に対して金属積層造形、超塑性成形、熱間成形、レーザー加工などを利用し、ご要望に合わせた加工をおこないます。

治具研削加工
ピッチ精度を出しながら、その位置にある丸穴の内径や角穴、異形状の寸法をそれぞれ1μ単位で加工することができます。ご要望に合わせた加工をおこないます。

摩擦圧接加工
接合する部材を 高速で擦り合わせ、摩擦熱によって部材を軟化すると同時に圧力を加えて接合する技術になります。従来行われているアーク溶接やガス溶接等と比較すると摩擦熱以外の熱源を必要をしないこと、溶接棒やフラックスが不要であること、接合時にガスやスパッタが出来ない事などから自然環境にやさしい接合法とも言われております。ご要望に合わせた加工をおこないます。

精密打ち抜きプレス加工
板押えの突起を材料に押し込み、切口面をきれいかつ高い精度での加工をおこなっております。

弊社の強み

長年にわたり培った技術力、生産性、お客様の満足度、品質向上を常におこなってきました。弊社での加工は幅広く御座います。多方面でたくさんのご評価を頂きました。高い技術力はもちろんのこと、 きめ細かなサービスとサポートし信頼関係をモットーに努めてまいります。

何卒、よろしくお願い申し上げます。